otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

世界の腐敗認識指数ランキングが公開!スペインと日本の順位は?

|

汚職を追究する国際的な非政府組織トランスペアレンシー・インターナショナル(Transparency International)は、1995年以来、毎年公開される世界中の「腐敗認識指数」の2017年版を発表した。公務員と政治家がどの程度腐敗していると認識されるか、ビジネスマンと国家の分析専門家などを軸に調査する。その度合を国際比較し、国別ランキングを作成。0点から100点まで行く範囲は、数字が小さいほど汚職・腐敗が起きているという認識が高いと意味する。



対象となった180ヶ国のうち、スペインは57点を獲得し、ランク42位に落ち着く。フランス、イギリス、ドイツなどヨーロッパ主要国と比較すると、控えめな数字であり、同エリアの中で汚職・腐敗に敏感な国と言える。一方、日本は73点を獲得し「清潔 な国トップ20」にぎりぎりランクインする。なお、89点で今年最高位を収めたニュージーランド以外、ノルウェー、フィンランド、スウェーデンなど北欧の国々がランキングの上位を占有。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。