otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 違法薬物などの密輸業者との戦い

|

現在スペインではメリリャ、マヨルカ等、国境での違法薬物を中心とした密輸業者の摘発が続いており、手口も巧妙になってきている。 今年5月には、ドミニカ共和国からパパイアの中に隠し密輸されたコカイン32キロを押収、また、マヨルカで密輸業者を摘発。 2011年に逮捕された密輸者は17人に及ぶ。


先週の木曜日には、刑務所内にコカイン、マリファナ、現金等を送っていた鳩を捕まえた。


米国では、ミッキーマウスの人形の中に拳銃の部品が発見される。


2007年に、オーストラリア警察当局は、ミスターポテトの人形の中に293グラムの違法薬物エクスタシーを見つける。


2011年、ドイツの税関で、サッカーボールの中に煙草を発見。


2009年、カリフォルニア州で、セメントでできた置物200個の中に、マリファナが隠されていた。 合計で末端価格150万ユーロにもなる。



2012年、ロサンゼルスの空港で、チョコレートキャラメルバーの中に覚せい剤「メタンフェタミン」を隠し持っていた男性が逮捕される。


2008年、タイ警察当局は、ローションのボトルにアステロイドを詰め替えた150個のボトルを押収

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。