otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン スペイン大手インフラ企業、8450万ユーロで日本に太陽光発電システムをEPC契約

|

スペイン大手インフラ企業子会社MAETELは先週、日本国内に太陽光発電システムを8450万ユーロでEPC契約したことが分かった(EPC契約 : 設計、調達、建設を含む建設プロジェクトの請負契約。 メガソーラー契約でこのような契約が良く締結される。)


MaetelはEPC契約の他に、3年間のオペレーション及びメンテナンスも請け負う。 メガソーラーは九州の熊本県に85ヘクタールを使い建設される。 ACSによると、2016年1月から建設が始まる予定で、15か月以内に施工を終わらせる予定。


ソーラーパネルの枚数は全部で183,420枚、公証最大出力は260Wp(ワット・ピーク)。 


これで、Maetel社は日本での受注が3回目となった。 Maetel社はゲスタンプ・アセティムソーラーと共に、茨城県太子町のゴルフ場跡地に建設した袋田太陽光発電所の竣工式を今年9月18日に行っていた。


ソース


Maetel construirá en Japón una planta fotovoltaica por 84,5 millones

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。