otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

2014年世界美容整形手術統計 1位アメリカ 2位ブラジル 3位日本 (ISAPS調べ)

|

国際美容外科学会(ISAPS)が発表した統計によると、2014年に施工された美容整形外科手術の件数が一番多かったのが米国で、406万4千571件であることが分かった。


豊胸、二重まぶた手術などの美容整形外科手術件数TOP5は

1位アメリカ 1,483,020

2位ブラジル 1,343,293

3位韓国 440,583

4位メキシコ 381,207

5位日本 326,398


また、ボトックス注射や、ケミカルピーリング等の非手術(非外科的処置)美容整形施術件数TOP5は

1位アメリカ 2,581,551

2位日本 933,953

3位ブラジル 715,212

4位韓国 539,730

5位メキシコ 324,865


手術・非手術を合わせた件数TOP5は

1位アメリカ 4,064,571

2位ブラジル 2,058,505

3位日本 1,260,351

4位韓国 980,313

5位メキシコ 706,072


因みに2014年の脱毛件数1位は日本で310,851件、2位のアメリカを10万件以上離し、ダントツの一位。 他にもスキンエイジングケアレーザーが81,933件で世界一位。




日本では脱毛やアンチエイジングなど、メスを使わない整形、いわゆるプチ整形が人気のようだ。


ソース

ISAPS

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。