otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

トヨタ自動車 欧州からディーゼル乗用車の販売を徐々に廃止と発表

|

スイス開催中のジュネーブモーターショー2018で、トヨタ自動車は欧州におけるディーゼル乗用車の販売を徐々に縮小すると発表した。2015年に発覚されたフォルクスワーゲン社による環境規制検査の排ガス不正を皮切りに、ディーゼルはヨーロッパで激しく批判されてきた。一方、高まりつつあるハイブリッド車(HV)の需要に応えるべく、2017年における同社の販売割合10%も満たなかったディーゼル車を段階的に廃止すると決断し、ハイブリッド技術を強化する予定とトヨタモーターヨーロッパのヨハン・ファン・ゼイルCEOが説明した。


Toyota hybrid


なお、イギリスのバーナストン工場で生産される新型「オーリス」もこの影響を受ける事に。ガソリン4気筒エンジンのモデルと他に、高出力のハイブリッド・モデル2種を投入。また、同社はハイラックス、ランドクルーザーSUV、プロエースなど商用車のディーゼルモデルをキープする方針。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。