otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バレンシア 藤井浩さん アルコイ・レコンキスタの祭り初日「音楽家の日」の取りを務める

|

(写真 Youtube)


スペイン南東部バレンシア州にある自治体アルコイでは、レコンキスタ(国土回復)の祭りが4月21日から24日まで行われる。 このスペイン国際観光行事にも指定されているお祭りは、1276年に行われたアルコイの戦いがもとになっているとのこと。


当時アルコイの街は、モーロ人(アラブ人)に包囲され窮地に陥っていた。 伝説によると、4月23日に、街の城壁の上に馬に乗った聖ホルヘ(サン・ジョルディ)が現れ街を救ったとのこと(諸説あり)。 


祭りの初日は「音楽家の日」と呼ばれ、イスラム軍とキリスト教軍とに分かれ、綺麗に着飾った参加者らが戦いを再現しながら、22の楽団がパレードを行う。 この日の最後、全ての軍(参加者)らが市庁舎前に集まりイムノ・デ・フィエスタスを演奏し、祭りは最高潮に達する。 


今年、この最後のイムノ・デ・フィエスタの指揮をしたのが、藤井浩さんだった。 観客席には着物を着た家族や、関係者が藤井さんの雄姿を1列目から見守っていた。


藤井浩さんはギターを学ぶためにアルコイに留学、その後ドルサイナ講師となった。 バレンシア音楽の研究・編曲等、楽器のカテゴリーや音楽のジャンルを超えた精力的な活動を行っている。 現在アルコイ民族音楽学校「Barxell」で指揮・指導に当たっている。


藤井さんが指揮をしている様子



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。