otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン自治州別のクリスマス料理特選!(中編)

|

前回に続き、自治州別のクリスマス料理の一部を見ていきましょう!気づいている方がいると思いますが、年末年始のスペインでは濃厚スープやシチュー(プチェーロ)が多く食べられ、重たい肉や魚料理も欠かせない。砂糖たっぷりのお菓子も忘れずに


・カタルーニャ州

地中海料理を取り入れているカタルーニャでは、クリスマスに必ずと言ってもいいほど、特徴のあるパスタ「ガレッツ」を使ったスープ(Sopa de galets)が出される。また、地方では主に11月から顕著に見れるお菓子、パナイエーツ(Panellets)もクリスマスで健在。これらは砂糖、卵、粉アーモンドを混ぜたペーストを中心に、卵の黄身を塗って具をつけたら、オーブンで焼き上げて冷ます。写真の左右端で見れる、松の実をつけるのが一般的だが、最近はコーヒー味など斬新なパナイエーツもある。


Panellets 1


・ラ・リオハ州

冬期でしか味わえない地方独特の アーモンド付きカルドン煮がもちろんのこと、クリスマスディナーでは皮パリパリ、肉がとてもジューシーな豚の丸焼き料理、「コチニーヨ」がリオハ名産ワインと共に出される。


Cardo almond


・アラゴン州

アラゴン州ではオーブンで焼きあがった羊肉、あるいは 栗、すもも、デーツなどを詰めたチキンはクリスマス時期によく食べられる。また、アーモンドとキャラメルでできたギルラーチェ(Guirlache)というお菓子もアラゴンのみならず、バレンシアやカタルーニャでも大人気。


Pollo relleno


・バレンシア州

バレンシアといえばパエリアと思われがちだが、クリスマス・ディナーで良く食べられるのは卵、パセリ、松の実、豚肉もしくは牛肉で練ったずっしりとした 肉団子が入ったプチェーロ


Dango soup


・ムルシア州

ムルシアではこの時期になると、海の幸からはじめ、 そら豆と生ハムの炒め物(アバス・コン・ハモン)で続いて、伝統的な子ヤギのローストで締めくくるメニューは珍しくない。柑橘類のエッセンスとアニス酒を使ったクリスマスケーキも特徴的。


Soramame ham


・バレアレス諸島

バレアレス各島でも違った伝統が確認できる。マヨルカ島では、 ひき肉を詰めたパスタを主役にするスープ、イビサ島ではアラブ発祥の「サルサ・デ・ナダル」と呼ばれるアーモンドミルク、またメノルカ島では牛脂、蜂蜜、砂糖、パン粉、アーモンドで作られるクスクッソ(Cuscusso)というお菓子が定番。


Niku pasta

スペイン自治州別のクリスマス料理特選!(前編)

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。