otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

8歳児殺人事件をきっかけに、スペインで仮釈放有り無期懲役の議論が再突発

|

今週中、スペインで話題を呼びかけている8歳児の殺人事件をきっかけに、国会下院で仮釈放の可能性有りの無期懲役の議論が行われている。スペインにおける無期懲役は野党から「終身刑とほぼ変わらない」の批判を受けたものの、選挙時で絶対多数を獲得した与党の国民党(PP)により、「国民安全法」の一部として2015年3月に可決された。


惨劇に感情を昂ぶった社会から厳しい刑罰を求められる中、スペイン憲法が社会復帰を目標とする懲役刑・禁錮刑と同意する野党勢力は無期懲役の目的を疑問にしており、廃止への流れが続けている。現に、続行にサポートを示しているのは以前に可決した国民党と同じ右翼思想の市民党(シウダダノス)。


Congreso 2
*仮釈放有り無期懲役をサポートする市民党のアルベルト・リベラ氏


可決されるまでは犯罪行為の重度により最大刑期25年、30年、40年間までとあったが、死刑のないスペインではこちらが事実上の最も重い刑罰になっている。受刑者は最小25年間、最大35年間の収監を経てから、裁判所が刑罰の続行を2年毎に改めて決めなければならない。スペイン憲法上では社会復帰を目標とする懲役刑・禁錮刑 なのだが、

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。