otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

プッチダモン前州首相 ベルギー警察に出頭 逮捕状執行判断まで保釈

|

10月5日の朝9時17分、スペイン検察から反逆罪・反政府扇動罪・公金横領罪の容疑に問われるカタルーニャのカルラス・プッチダモン前州首相及び州政府元幹部ら4人自らベルギー警察に出頭して、身柄を拘束されたと、記者会見でベルギー検察代表のGilles Dejemeppe氏が発表した


Puigdemont bruselas 1


*スペイン司法から逃げるためブリュッセルに渡航したプッチダモン前州政府と州政府元幹部ら



同日判事が全員の聴取を行い、スペイン全国管区裁判所のカルメン・ラメラ裁判官が既に発付した欧州逮捕状を執行するかどうか判断できるまでベルギーに残留するという条件付きで一旦保釈した。なお、容疑者はオランダ語かフランス語を話す判事が選べるものの、フランス語に精通するプッチダモン氏たちだが全員、通訳者を経由してオランダ語を話す判事に決定した模様。


また、プッチダモン氏の弁護士、Paul Bekaert氏がベルギーVRTテレビ局のインタビューで説明した様に、「引渡し請求を出された場合は、これに異議を申し立てる姿勢」でおり、二ヶ国まつわる法律上の問題であるため、解決までは数ヶ月かかる可能性が十二分ありえる。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。