otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ミレイア・ベルモンテ 競泳女子400m個人メドレーで銀メダル獲得!

|

ハンガリー・ブダペストで開催されている第17回世界水泳選手権で、スペイン出身ミレイア・ベルモンテ(26)は本イベント第3目のメダルになる競泳女子400m個人メドレーの銀メダルを見事に獲得した。彼女の4:32.17という記録は現場アイドルというべき、ホッスー・カティンカ(28)の驚異的な新世界記録4:29.33で表彰台の最高位に立っていた。


Mireia podio 1

*左からミレイア・ベルモンテ、ホッスー・カティンカとシドニー・ピックレム。写真はReutersから

一方、1・2レーンの大橋悠依(21)と清水咲子(25)は背泳ぎ・平泳ぎでペースを上げ、メダル獲得の可能性が危うくなったが、冷静さをキープしたミレイアは最後の自由形を機に力尽きた大橋を超え、3位に終わったカナダ出身のシドニー・ピックレム(20)の猛攻にも耐え続けた。 こちらはスペイン国立テレビ局のTwitter投稿で、レースの終盤を確認できる:



ブダペストでミレイア選手は合計6種目に参加した。200m個人メドレー、400m・800m自由形では勲章を得ずに終わったが、200mバタフライで金メダルを、スペイン新記録をも果たせた1500m・400m個人メドレー両方で銀メダルを獲得した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。