otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

国際サイバー攻撃を機に、世界でWindows XPはどれだけ利用し続けているか?

|

過去数日間に、20万台以上のシステムに影響を与えたWannaCryサイバー攻撃は、Windows XP OSの脆弱性悪用した。 Microsoftは2014年に、XP用のセキュリティアップデートの提供を中止したにもかかわらず、現在でも3番目に人気のあるデスクトップOSとして居座る。 NetMarketShareによれば、世界中のPCの約7%が2017年4月時点にWindows XP上で稼動していた。


Windowsxpshare3

ランサムウェア(身代金プログラム)である「WannaCry」は、コンピュータにある情報やファイルを暗号化し、解読と引き換えにユーザーに300ドル(約3万4000円)を支払うよう要求する。 こちらのビデオで、概要を1分で簡単に説明される:




国際的サイバーテロ スペイン企業も被害を

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。