otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ロシアで本当にハンガー・ゲームを行う構想が持ち上がる

|


Information items 4791


DEADLINEが報じたところによると、氷点下40度のシベリアの極寒の土地で9か月間生き延び、投票で1位になった優勝者に1億ルーブル(約160万ユーロ)の賞金が与えられるというリアル”ハンガー・ゲーム”の構想が持ち上がっていることが分かり、スペインのメディアを騒がせている。

Inside forest

報道された情報によると、精神状態が良好な成人男女30人が氷点下40度のシベリアで9か月間サバイバルを行う。 参加者は毎週道具を与えられながら、刃物を持つことも可能。


この構想を打ちだしたのはイベントプロドューサーのEugene Payatkovskyで、ロシアの通信社スプートニクのインタビューに答えたことにより分かった。


Inside bear

このサバイバルは”Game2:Winter”という名前で、9か月間約2千台のカメラを使って生中継される。 プロドューサーによると、このサバイバルゲームにはルールがなく、レイプ、暴力、殺人なども行える。 オオカミや熊からの襲撃から生き残り、優勝を目指すのみで、唯一銃は道具として番組から提供されないとのこと。


また、参加者は事前に元スペナッツの隊員から訓練を受ける。 番組の放送は2017年7月から2018年4月1日まで放送される予定とのこと。



'Everything is allowed. Fighting, alcohol, murder, rape, smoking, anything.'

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。