otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

クリスティアーノ・ロナウド選手のエル・ムンド紙による租税回避地利用報道に判事が圧力をかけたことが明らかに

|

国際メディアネットワーク”ヨーロピアン・インベスティゲーション・コラボレーション”(EIC)に参加するエル・ムンド紙が報じたクリスティアーノ・ロナウド選手の租税回避地を利用した所得税申告回避報道に対し、アルトゥーロ・サマリエゴ判事が報道を辞めるよう通達したことが分かった。 プブリコが報じた。


エル・ムンド紙によると、アルトゥーロ・サマリエゴ判事は同紙のペドロ・Gクアルタンゴ編集長に対し、クリスティアーノ・ロナウド選手の租税回避地利用に関する報道を止めなければ、最高5年の実刑がかけられると通達したとのこと。


EICはDer Spiegel (ドイツ), L'Espresso (イタリア), The Sunday Times (イギリス), Mediapart (フランス), Le Soir (ベルギー), Expresso (ポルトガル), Politiken (デンマーク), NRC Handelsblad (オランダ), Falter (オーストリア), Newsweek (セルビア) y el RCIJ/The Black Sea (ルーマニア)などのメディアで構成される国際記者団体で、この件に関して合同で調査を行っていた。 また、これらのメディアは3日に一斉にサッカー選手らの「闇の顔」を報道している。


エル・ムンドは今回の通達に対し「民主主義史上まれな前例の一つ。」として批判した。


El juez prohíbe a EL MUNDO publicar la investigación de 'Football Leaks'

クリスティアーノ・ロナウド アイルランドの会社を利用して脱税か
クリスティアーノ・ロナウド 6千万ユーロ(約73億円)の税金申告回避か

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。