otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

現在バルセロナのエル・プラット国際空港にゴミが溢れている理由

|


Basuras


現在バルセロナのエル・プラット国際空港がゴミで溢れている。 これは、空港管理公社AENAが契約している清掃業者Valoriza社の労働者がストライキを行っているため。


スペイン労働総同盟(UGT)とスペイン労働者委員会(CCOO)の発表によると、清掃員のストライキは11月28日から12月2日と、12月22日から23日に実施する予定。


労働組合は、Valoriza社が今年の空港清掃業務を請け負うために去年よりも20%(140万ユーロ)少ない金額で競争入札に参加、ターミナル1、ターミナル2、AENAのオフィスの清掃業務を落札した。


これにより、現在まで1日7時間、1週間で35時間の労働時間を1日8時間、1週間で40時間の労働時間に変更し、賃金の実質的な引き下げの意向を企業側が示した。


今回のストライキはこの変更に抗議する形で行われている。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。