otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

リタ・バルベラ上院議員(元PP)1,000ユーロの寄付は知っていたがマネーロンダリングは知らない

|


Barber salida


2015年のバレンシア市長選挙で、支持者に対し現金1,000ユーロを手渡しバレンシア市国民党選挙本部の銀行口座に「寄付」という名目で送金させ、マネーロンダリングを行っていた容疑がかかっている元国民党リタ・バルベラ上院議員が最高裁判所に出廷、1,000ユーロの寄付は認めたものの、マネーロンダリングがあったことは否認したことが分かった。


バレンシア州を中心に捜査が進められている汚職事件「イメルサ事件」では、公共施設建設入札などで特定の企業に便宜を図り、見返りに数%の手数料を受け取っていたとみられ、現在この事件にかかわった47人が嫌疑にかけられている。


リタ・バルベラ上院議員は、このイメルサ事件の一角であり、警察当局がリタ・バルベラ上院議員の支持者の携帯電話の盗聴に成功、スペインメディアが電話の内容を公表し事件が明るみになった。


リタ・バルベラ容疑者は上院議員であるため、議員の特権により最高裁判所の一審だけで裁判が行われている。


最高裁判所から出てきたリタ・バルベラ上院議員に対し、「酔っ払い!」「汚職まみれ!」「上院議会に隠れていようが、責任を取らせてやる!」「隠れるな、全ての責任を取れ!」などの罵声が浴びせられた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。