otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

イメルサ(汚職)事件 スペイン最高裁判所 リタ・バルベラ上院議員(元国民党)を11月21日に召喚

|


Rita barbera supremo


スペイン最高裁判所カンディード・コンデ・プンピード判事は20日、元バレンシア市長リタ・バルベラ上院議員をマネーロンダリング(資金洗浄)の容疑で最高裁判所に召喚したことが分かった。


リタ・バルベラ上院議員はバレンシア市を巡る汚職事件”イメルサ事件”で、バルセロナ市長選挙時に政治資金を不正に得ていた疑いがもたれている。


判事は11月21日10時30分に出廷するよう上院議員に令状をだした。


また、発表された文書によると原告側のスペイン社会労働党(PSOE)に対し、3,000ユーロの保証金の支払いを求めた。


リタ・バルベラ上院議員は、バレンシア市長選挙戦で支持者に対し(出どころの分からない)500ユーロ紙幣2枚を渡し、寄付という名目でバレンシア市国民党選挙委員会の口座に送金するよう複数人に要請していたことが、警察当局が盗聴した電話の内容で明るみになっていた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。