otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン検察局、闘牛中に死亡した闘牛士ビクトル・バリオの死亡を称賛したツイッターを捜査へ

|


Victorbarrio 1


アラゴン州テルエル闘牛場で9日、闘牛中に角で突かれ死亡した闘牛士のビクトル・バリオ(29歳)の訃報を称賛した反闘牛のツイッターに対し、何らかの刑事責任があるかどうかの捜査を開始することを、中央政府検事局が発表した。


コンスエロ・マドリガル検察局長は12日、ビクトル・バリオの死亡を称賛するツイッターが、差別、排外主義、不平等など、刑事責任があるかどうかを、サイバー犯罪課を含めた検察当局が捜査を開始すると発表。


死亡が確認された後、ツイッターでは「今日、闘牛士一人が死んだ。 拷問者が一人いなくなったことで、この汚物でまみれた星は少し綺麗になった。」「その闘牛はビクトル・バリオの耳と尻尾をもって正門を出ていったと思う。」






また、元テニスプレイヤーで、スペインでもテレビ番組を持つ動物愛護派のフランク・クエスタは「闘牛士の死を喜んでいる君たちは動物を愛している人ではない。 最低の人たちだ。」と、指摘している。





コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。