otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

パナマ文書 ソリア産業・エネルギー・観光暫定大臣辞職へ

|



ヨーロッパプレスによると、15日、ホセ・マヌエル・ソリア産業・エネルギー・観光暫定大臣が辞職したことが分かった。


この辞職に関して国民党マリアノ・ラホイ暫定首相は「取り返しのつかない決断。」と語った。


ソリア暫定大臣はまた、下院議員の活動も停止するとラホイ暫定首相に発表。


ソリア暫定大臣はパナマ文書に関して「パナマ文書に名前が載っている者はすぐにその説明を行うべきである。 でなければ、その責任を取る必要がある。」と語っていた。 


この発言後、ソリア暫定大臣の名前がタックスヘイブンのペーパーカンパニー UK LinesLimitedに名前が載っていたことが発覚。


「これは事実無根で、私はその地に会社を作ったことは無い。」と語っていた。 その後「父親が作ったもの。」と発表。


しかしその後、UK Lines Limitedと関係のあるとみられる、英国に住所がある会社OceanicLinesに幹事として名前が載っていたことが発覚。


「これは100%英国の会社である。 その会社と私は全く関係がない。」と語った。


更にその後、同じく租税回避地として知られるジャージー代官管轄区(イギリス領)にあるMechanical Trading Limitedの管理者としての名前が発見される。 さらにこの会社はOceanic Linesの株80%を所有していたことが発覚、間接的に(ほぼ直接的に)パナマのUK Lines Limitedと関係があったことが分かった。


ソース

Soria dimite como ministro de Industria por los 'Papeles de Panamá'

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。