otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

パナマ文書 ソリア産業・エネルギー・観光大臣もパナマにペーパーカンパニーか

|


モサック・フォンセカ弁護士事務所から漏洩した内部文書通称「パナマ文書」で、その文書の解析、分析を行っているグループの一部、ラ・セクスタと、エル・コンフィデンシャルによると、ホセ・マヌエル・ソリア産業・エネルギー・観光暫定大臣の名が、1992年の数か月間管理者として明記されていたと報道されたことが、ヨーロッパプレスにより分かった。 ソリア暫定大臣はこれを全面否定している。


エル・コンフィデンシャルが公表したところによると、モサック・フォンセカ弁護士事務所は、バハマにUK Lines Limited社を1992年9月3日に設立、管理者にTomás Poggio、Méndez Fernández de Lugoそして、ホセ・マヌエル・ソリア(José Manuel Soria)が明記されていたとのこと。 その後、11月に同弁護士事務所はJosé Manuel Soriaではなく、Luis Alberto Soriaに変更するように当局に要請、その理由は「間違い」だったとのこと。 


UK Lines Limited社は1995年に解体されている。


因みに、ソリア暫定大臣は4月7日に「パナマ文書に名前が出た人は直ちにその理由を述べなければならない。」と語っていた。


下のビデオはその様子。


ソース

El ministro Soria aparece en los ‘papeles de Panamá’

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。