otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ロシアがシリアに関する話し合いが失敗すれば第3次世界大戦を警告 (ヨーロッパプレス)

|


ドイツの経済新聞「ハンデルスブラット紙」のインタビューで、ロシアのドミートリー・メドヴェージェフ首相は、もしシリアに関する協議が失敗に終われば、世界大戦が起こる可能性があると警告したことが、ヨーロッパプレスの報道で分かった。


ミュンヘンで行われるシリアに関する国際会議に関し、「新しい世界大戦を始める代わりに、強制的に全ての人が会議に出席するべきだ。」


首相は、各同盟側の調停役であるロシアと米国が主導し、シリアでの紛争を停止する協定を承認する圧力をかける保証をしなければならない。


2月11日にロシア外務省のセルゲイ・ラブロフ大臣は、ワシントンに対し停戦の申し出を行ったことを認めたが、まだ返事はないと発表している。 ロイターがホワイトハウスに問い合わせたところ、この申し出があったかどうか懐疑的であるとのこと。


「米国人と我々のアラブ人社会は熟考しなければならない。 永久的な戦争を望んでいるのか? 特に、世界対世界で争っているようなアラブの世界で、紛争をこのように早く勝利することは出来ない。」


抄訳

ソース

Rusia alerta sobre una "guerra mundial" si fracasan las negociaciones sobre Siria



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。