otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 経済危機から現在まで、貧富の差が最も広がった国の一つだったことが明らかに(Eurostat調べ)

|


ヨーロッパプレスによると、スペインの最も資産を持っている人上位1%が、貧困層80%と同じ額の資産を保有していることが明らかになった。 さらに、上位5%が残り90%の資産と匹敵する額を保有しているとのこと。 



また、ユーロスタットの情報によると、上位1%の資産が15%増加したのに対し、残り99%は15%減少した。



オックスファムによると、スペインは、経済危機が始まってから2015年までに最も経済的格差が広がった国の一つで、貧富の差拡大率は、欧州平均の約10倍と発表した。



同組織の情報によると、欧州内で貧富の差が大きかったのはポルトガル、イタリア、ギリシャ、スペイン。 オックスファムは、この様な貧富の格差が広がる原因を、タックスヘイブンの活用にあると指摘。 



世界の大企業201社のうち、188社が少なくとも1つのタックスヘイブンに登記しているとのこと。


ソース

Veinte personas tienen en España tanto dinero como el 30% de la población

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。