otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン アジアの中で一度の買い物で消費する金額が多い地域・国 1位香港 2位中国 3位タイ(グローバル・ブルー社調べ)

|

現在バルセロナでは、カサ・アシア主催の第4回アジア・ツーリズム国際会議が23日、24日の日程で行われている。 この会議で、スイスに本社を置くタックスフリー業者のグローバル・ブルーが公開した情報によると、アジア人の旅行者が一度に(タックスフリーで)消費する金額の平均が1,000ユーロで、欧州諸国の観光客が消費する平均の約一週間分だったことが分かった。


グローバル・ブルー社によると、「スペインは高級ホテルや、お土産など、物価の面で他の欧州諸国より競争力が高い。」と指摘。


アジア諸国・地域の中では、「香港から来た観光客」が一度の買い物で平均約1,015ユーロを消費し1位、次いで中国人が966ユーロ、3位にタイ人で955ユーロだったとグローバル・ブルー社は発表している。


「昨年の公式データ」では。。。

スペイン国立観光調査研究所(IET)の観光消費調査(egatur)及び産業・エネルギー・観光省の国境観光(動向)調査(Frontur)が公表している2014年の公式データによると、昨年スペインに観光で訪れた中国人の数は約475,000人、日本人は約289,000人、韓国人が167,000人で、アジアでこの3か国がTOP3だった。


また、アジア人が一度の旅行で消費する金額の平均額は1,853ユーロ、1日あたり238ユーロを消費。 国別に見ると、日本人が一度の旅行で2,152ユーロを消費し、一日あたり311ユーロを使う。 中国人が1,983ユーロで248ユーロ/日、韓国人が1,819ユーロで242ユーロ/日、インド人が1,974ユーロで一日あたり204ユーロ。


カサ・アシアが日本人、中国人、韓国人の観光客像を以下のようにプロファイルしている。


日本人

 日本人は時間厳守、安全、ヒエラルキー、誠心誠意などに重きを置いている。 事前に綿密な計画して旅行する。 各旅行は、事前に提供された情報に準拠していなければならない。 世界でも最も安全な国の一つと知られている日本では、「安全」は最も優先される事項の一つ。 日本人観光客は主にアート、美術館、スペイン料理に関心を持っている。 主な旅行先はマドリード、カタルーニャ、アンダルシア。


中国人

 中国人観光客は主に上海、北京、広東省から来西。中国人観光客はオンラインで旅行の予約を行い、基本的にパックツアーを購入し、欧州各国を周遊するため、スペインは一通過地点にすぎない場合が多い。


韓国人

 韓国人観光客は基本的に開放的で愛想が良い。 また、アジア諸国では美白が流行していることから、韓国人観光客は太陽とビーチを完全に無視、都市部の訪問を好む傾向が高い。 ショッピング、ガストロノミー、文化遺産や、スペインの生活を楽しむ。 韓国人の観光客増加は目覚ましく、2009年に25,000人だった観光客が2014年には167,000人にまで増加している。


ソース

El IV Congreso Internacional sobre Turismo Asiático pone el acento en el turismo de calidad

El turista asiático, un filón de lujo

Egatur

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。