otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン カタルーニャ ANCサンチェス会長「マス(元州政府首相)がいなくても(独立)プロセスは進む。」

|




2012年に設立されたカタルーニャ州独立を推し進める集会Asamblea Nacional Catalana(以下ANC)のジョルディ・サンチェス会長は22日、アルトゥール・マス元州政府首相が次期首相にならなくても(カタルーニャ州の)独立プロセスは「当然」進んでいく、と語った。


スペイン紙エル・パイスのインタービューにこの様に答えたサンチェス氏は、州首相が決まっていない状況で来月20日の総選挙が行われるということは、悪いニュースだ、と語った。


また、「誰かを責めるわけではなく、(独立派議員)72人が独立に抜け一丸となってほしい。」「(州首相が誰になるかの)同意が得られなく、再びカタルーニャ州選挙となるのは最悪の結果だ。」などと語った。



現在カタルーニャ州議会は「独立派」のジュンツ・パル・シィ(62議席)と、同じく「独立派」「反体制派」のCUP(10議席)が合計で72議席を獲得しており、「カタルーニャ州独立プロセス開始」法案を可決、その後中央政府(閣僚ら)が憲法裁判所に違憲性を含む可能性があるとして訴え出た。 憲法裁判所はこの訴えを「受理」(違憲とは言っていない)し、可決された法案が違憲かどうか、最高5か月かけて審議。 審議が終わるまで法案は自動的に「凍結」されている。 


憲法裁判所が審議中、凍結された法案を強制履行すると、公務員を含む関係者(議員も含む)の職務を凍結、はく奪、罰金、また、刑事責任などを問うことが出来る。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。