otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン中央政府、2014年分の地方政府向け支援基金(FLA)を配給決定。30億ユーロ規模

|



ヨーロッパプレスによると20日、毎週金曜日に行われる定例閣僚会議後の記者会見でサエス副首相兼報道官が、2014年に配られるべきだった地方政府向け支援基金(FLA)78億8900万ユーロを各州政府に配ることを決定したことが分かった。


しかし今回、唯一にして初めてFLAを受け取るための条件を突きつけられた州がある。 カタルーニャ州だ。


カタルーニャ州は去年払われなかった支援基金のうち、30億3400万ユーロを受け取る予定で、最終的に「州独立」につながる案件に予算を使わない様に「命令」。


カタルーニャ州政府で働く公務員にも協力を要請、疑問がある場合には中央行政府に直接質問することが出来、更に個人情報が守られることが約束され、誰が問い合わせたか州政府に漏れないようになっている。 


また、全ての予算はカタルーニャ州中央政府代表部の承認が必要となる。 


それだけではなく、州政府は1か月ごとに、予算がどのように使われたか中央政府に報告する義務が発生した。


もし、1ユーロでもカタルーニャ州独立のためになるような案件で予算が使われた場合、FLAの支給は中止される。



この措置は、2014年に発覚した13億ユーロの各誌財政赤字が明るみに出たことによる州政府債券の格下げや、カタルーニャ州内の薬局に対する度重なる支払い遅延によるもの。 実際ほぼ機能していないカタルーニャ州大使館が世界中に点在、オフィスを開設しつつ医療費や幼稚園などへの支払いが遅れていた経緯がある。


スペイン カタルーニャ州政府が薬局に基金(FLA)が届くまでお金が払えないと発表
スペイン カタルーニャ州政府、一般薬品費滞納2億3600万ユーロ滞納
カタルーニャ州知事、80億ユーロのFLAを受け取る予定。 しかし薬局や病院への未払い分は先送り。
カタルーニャ州政府、薬局に支払うべき医療費3か月分未納
在イタリア・スペイン大使館、在ローマ・カタルーニャ州オフィスの権限をはく奪。
スペイン カタルーニャ 2014年11月9日に行われたカタルーニャ州の独立を問う非公式な住民投票のために7千台のコンピューターを購入、「280万ユーロ」(約3億8千万円)かかっていた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。