otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン ムルシア 寒気団南下で‐0度Cになる可能性

|




ヨーロッパプレスによると20日、北極からの寒気団が土曜日午後からムルシア州を覆う可能性があり、来週水曜日まで厳しい寒さが続き、場合によっては-0度Cになることがあることが、スペイン気象庁ルイス・バニョン報道官が伝えたところにより分かった。


本日金曜日の最高気温は、乾燥した空気により、ところに拠り27度まで上がったところがあった。


バニョン報道官によると、今後北風が強くなり、土曜日からムルシア州の南部まで寒気団が覆うと予報。


これにより、土曜日午後から曇り空となる。 その後夜には寒気団の1,2度の冷たい空気が渓谷に降りてくるとのこと。 日曜日の最高気温は17度から18度、最低気温は6度から6.5度と発表した。


開けて来週の月曜日、北東の冷たい風が強く吹く模様。 


火曜日の朝はさらに冷たい-4度の風が吹くとバニョン報道官は予想している。


寒気団は火曜日まで停滞するとしている。



ソース

Masa de aire polar hará que los termómetros lleguen a -0º

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。