otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン バルセロナ カンプ・ノウも厳重警戒

|

ヨーロッパプレスによると20日、火曜日に行われる予定のFCバルセロナ対ASローマ戦に自治州警察モススダエスクアドロ警察は厳重警備を行うことが分かった。


金曜日発表された情報によると、試合当日14時からFCバルセロナ博物館とFCボティガ・メガストアが閉店する。 また、3時間前からスタジオが開場、警備が強化されるため時間に余裕を持って来場することを勧めている。


入場するにあたり、ソシオのカードだけでは入ることが出来ない。(パスポート、DNI等が必要)

カバンやバッグ、大きめの袋などを持って入場することが出来ない。

警戒区域内に入る許可のある車両も「駐車」することが出来なくなる。(例外なし)

車両は許可証、入場証等も必要。

観戦客用の駐車場も朝8時から駐車禁止となり、時間を過ぎても駐車されている場合はレッカー移動される。 

観光バスは14時まで駐車が許可されている。 

カンプ・ノウ周辺も朝8時から駐車禁止となる。


最後に、UEFAユースリーグのFCバルセロナ対ASローマ戦は、試合開始を16時から12時に繰り上げられる。


ソース

Mossos y Barça blindarán el Camp Nou con medidas extraordinarias para la Liga de Campeones



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。