otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン マドリード 大気汚染プロトコルで最高速度超過、罰金課さず。

|



マドリード市は、先週木曜日と金曜日に大気汚染プロトコルにより、環状線M-30の最高速度を通常の90キロメートル毎時から70キロメートル毎時に変更、その際最高速度を超過してしまった165件に関し、罰金を今回だけ特別に課さない予定だということが分かった。


マドリード市の保健・安全・緊急庁のハビエル・バルベロ氏は、市民の協力により大気汚染が緩和された、と最高速度の変更にもかかわらず規制を守ってくれた市民を称賛。


今後、また新たに大気汚染プロトコルにより交通規制等があれば、罰金を課す予定であるとのこと。


ソース

El Ayuntamiento no cobrará las 165 multas a vehículos que superaron los 70 km/h

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。