otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン マドリード 再度交通規制の発令を示唆。

|

(写真 ヨーロッパプレス)



ヨーロッパプレスによると、16日、マドリード市内で再び交通規制を発令する可能性があることが分かった。


今のところマドリード市は、「市内へのアクセスに公共交通機関を使用すること」、「高速道路M-30線を走行する場合、70キロメートル毎時を超えないこと」を「推奨」している。


マドリード市は、今晩風が吹かなく、NO2濃度が再び上がるようなことがあれば、再度ステージⅠを発動する予定だと発表。


エル・ムンド紙によると、市内24か所に設置されている観測装置で、二酸化窒素(NO2)濃度が1立方メートル当たり、200マイクログラムを超えた個所が「今のところ」無いとのこと。



観測所の数値はマドリード市公式ホームページから見ることが出来る。

観測所


ソース

Las restricciones al tráfico podrían volver a activarse si crece la contaminación

スペイン マドリード 大気汚染対策プロトコルとは?

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。