otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 元国王のフェラーリ2台、買い手付かず。

|


本日、元国王ホアン・カルロス一世が国に寄付をしたフェラーリ2台の競売が行われた。


誰も競り落とさなかった。



競売に出されたフェラーリはFF(F151)モデルで、最低落札額は黒が35万ユーロ、シルバーが34万5千ユーロ。 


車の状態を確認するために10月19日から23日まで一般公開されており、競りに参加するためにはそれぞれ17,500ユーロと17,250ユーロの保証金を預けなければならなかった。


買い手が付かなかったため、この2台のフェラーリは財務省管轄下の駐車場に保管されることになる。



問題となったフェラーリとは?

元国王は2011年にアラブ首長国連邦にあるヤス・マリーナ・サーキットで行われたアブダビF1グランプリを観戦、その時アラブ首長国連邦のムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム首相よりフェラーリ2台をプレゼントされた。 


この事実を王室は認め、経済危機にあえぐ国民の批判を受け2台のフェラーリを国に寄付していた。


ソース

Queda desierta la subasta de los dos Ferrari regalados al Rey Juan Carlos I

スペイン 中央政府がホアン・カルロス元国王のフェラーリ2台を競売に。 競りは11月6日

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。