otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 憲法裁判所が「カタルーニャ州独立開始決議案」が違憲であるという訴えを「受理」。 現在違憲かどうかを審理中。

|



ヨーロッパプレスによると、5日、カタルーニャ国民党、シウダダノス党らが憲法裁判所に訴えを起こした「カタルーニャ州独立開始決議案」に関して、憲法裁判所は訴えを受理、現在決議案が違憲であるか審理していることが分かった。


「カタルーニャ州独立開始決議案」は独立賛成派のジュンツ・パル・シィとCUPが州議会に提出していたもので、議長は来週月曜日に投票を実施する予定であった。 議会内ではジュンツ・パル・シィとCUPが両党合わせて絶対過半数を得ていることから、投票が行われれば可決する可能性が非常に高い。


そこで、カタルーニャ国民党は議員グループの組織を先延ばし、投票を阻止していた。 そして昨日、憲法裁判所に決議案が違憲であるとの訴えをシウダダノス党らと起こしていた。


決議案が違憲であるという判決が出れば、議会での討論会、投票等を行えば憲法違反と判断される。 強行採決を行えば、地方裁判所、高等裁判所などを通して刑事裁判を行うことが出来る。


ソース

El TC admite recursos contra declaración y deja para la tarde el debate sobre la suspensión del debate del lunes






コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。