otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン バレンシア 史上初クラシック音楽とパエリアがコラボ。

|


11月29日、スペイン最古の吹奏楽団バンダ・プリミティバ・デ・リリアと、パエリアがコラボする。  バレンシアのケータリングパエリア、パエリア用の米販売老舗ラ・ファイェラ(La Fallera)が主催、ルーベンスチューブを使い吹奏楽団が奏でる音で火が調整され、パエリアを調理していく。


国立音楽賞(Premio Nacional de Musica)受賞のジョアン・セルヴェロ氏が作曲を担当、パエリアを調理するために必要な火力を維持するためのメロディーを考える。 シェフは伝統的なバレンシア風パエリアを提供するレストラン、ラス・バイレタス(Las Bairetas)のパエリアマスターラファ・マルゴス氏が担当。


ジョアン氏は、「シェフのラファが、パエリアを作るときに必要な火加減や温度、時間を分刻みで教えてくれた。 これをもとに作曲した。」


この他、バレンシアの伝統的な曲も披露される。(L'entrà de la murta', 'Suspiros de España', 'La Verbena de la paloma' , 'Agua Azucarillos y aguardiente'等) リサイタルは1時間20分ほどを予定している。



-広告-

La Fallera社の製品”Arroz redondo”のバーコード二つを”Paella a Música La Fallera, Apartado de Correos 1234, 46002 Valencia”の住所にメールか電話番号を添えて送るか、フェイスブックやツイッターなどのソーシャルネットワークにハッシュタグ#PaellaAMúsicaを付けてArroz redondoを二袋映っている写真をアップロードすると、招待券が貰える。 


ハッシュタグを辿り、La Fallera社から連絡が来るが24時間以内にこちらから返事をしないと、招待券が貰えなくなってしまうので注意が必要。


ソーシャルネットワークを利用した面白いプロモーションである。


ソース

La fallera


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。