otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペインで被害者になった場合の「権利」が変更。 今日から発効される、知っておくべき被害者の権利とは

|

スペインで被害者になった場合の「権利」が変更。 今日から発効される、知っておくべき被害者の権利とは


1.犯罪等に巻き込まれ、一番被害が大きかった被害者は、刑務所監督裁判所(Juzgado de Vigilancia Penitenciaria)で犯罪者に対する仮釈放の条件等を「意見」することが出来る。


2.テロリスト、殺人、中絶、傷害、拷問、人身売買、強盗、モラルに反した行為、性の自由の侵害等の犯罪に対する判決に対し(不服の場合)、上訴する権利がある。 実刑判決が5年以上の場合、保護観察の条件を上訴することが出来る。


3.刑事訴訟、訴訟手続きの終了、もしくは実刑判決状、仮出所時など、判事から電子メールもしくは手紙を時間と場所を指定して受け取る権利がある。


4.家庭内暴力で、被害者の子供が未成年者の場合、未成年者保護の観点から、心身ケアやサポート等が考慮される。


5.被害者への連絡は、はっきりと、簡単で、理解できる(例:目が不自由な場合、点字、もしくは理解できる方法等の意味)文を使用する。


6.被害者は初めから自由に付添人を選ぶことが出来る。


7.全ての被害者は、該当機関(警察、裁判所等)から連絡が着たときから、補償、起訴等、どのような権利があるか知る権利がある。


8.弁護士と検察官は、災害、公衆災害、多数の被害者をもたらすような事件等の被害者らに直接的及び間接的に連絡を取ることが出来ない。 事件後45日以内に被害者らに専門的なサービスの提供を行った場合、犯罪になる可能性がある。


9.スペイン語を話すことが出来ない場合、無料で通訳をつけることが出来る。


10.実刑を受けている期間、もしくは容疑がかけられている捜査期間中、犯罪者もしくは容疑者の家族と被害者が直接出会うことがないよう、配慮される。


ソース

10 derechos que reconoce el Estatuto de la Víctima que entra este miércoles en vigor


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。