otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン ア・コルーニャ県 エボラ出血熱感染の疑いでプロトコル発動

|

セルガス公衆衛生局は28日、自治体チュアク市にあるア・コルーニャ総合大学病院に搬送されたギニア国籍の男性が、エボラ出血熱に感染している恐れがあることから、対応プロトコルを発動した。 男性は5日間高熱を出していた。


公衆衛生局長は「男性のサンプルをマドリードの国立微生物学センターに送り、エボラ出血熱に感染しているかどうか検査結果を待っているところだ、数時間で検査結果が出るのではないか」と発表した。


男性はエボラ出血熱に感染している疑いがあることから、専用施設があるビーゴのメイショエイロ病院に転院している。


ソース

Activado el procolo del ébola tras ser detectado un caso sospechoso



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。