otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン バルセロナ リセウ大劇場従業員150人余りが「行け、我が想いよ」を歌い、未払いの3年分の残業代を要求

|



カタルーニャプレスによると、23日、バルセロナにあるリセウ大劇場で働く従業員150人余りが、2013年から今年までの未払いの残業代3年分の支払いを求めて「行け、我が想いよ」(Nabucco : Va, pensiero)を歌い、デモを行ったことが分かった。


劇場側との話し合いが進まなければ、11月8日、19日にも行われる予定。


労働者組合責任者マヌエル・マルティネス氏は、約300万ユーロに上る2013年と2014年の残業代の支払いと、いつ支払われるのかの日程の公表を求めた。 マヌエル氏はまた、経済的にデリケートな問題であるため、交渉の余地はあると語った。


この種のデモは合計8公演に影響を与えるとみられており、そのうちBenvenuto Celliniが6公演、Mutiのコンサート2公演。


デモの日は決定されたものの、交渉次第では撤回されるとマルティネス氏は語っている。


ソース

Los trabajadores del Liceu se manifiestan cantando el 'Va Pensiero' por la paga extra 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。