otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 9月の外国人観光客710万人 昨年同月比で2.2%増 カタルーニャ州は0.1%マイナス

|

産業・エネルギー・観光省の国境観光動向調査(FRONTUR)22日、9月の外国人観光客動向を発表、7,166,208人の観光客がスペインを訪れた。


今年9月の観光客数は昨年同月比で2.2%増加。 1月からの累積で54,368,167人、昨年比で3.8%増加している。


発表されたデータをグラフ化すると

国別ではやはり、英国、ドイツ、フランスのTOP3 前回3位だったドイツが2位に浮上。



9月の外国人観光客増減率。 8月では25%であった米国からの観光客増減率は、9月にも33%と、米国人観光客増加率が著しい。





自治州別にみると、いつものようにカタルーニャ、バレアレス、アンダルシアがTOP3




しかし増減率を見ると、カタルーニャ州で0.1%のマイナス、バレアエス諸島でも0.2%マイナスとなった。 アダ・コラウ市長の観光客抑制政策が功を奏している。 最近ではマドリードの人気が高まっている。


ソース

FRONTUR

スペイン 8月の外国人観光客920万人 カタルーニャ州で3%の観光客数減少(前年同月比)

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。