otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン版アマゾンロッカー「CorreosPaq」が登場。 オンラインショッピング利用者に朗報。

|

スペインでは、オンラインショッピングで商品を購入しても、届かないことの方が多い。 これはスペインのアパート(ピソ)の構造によるものが大きく、まずアパートに入るための玄関があり、管理人(ポルテロ)が常駐していないアパートであれば呼び鈴を押して鍵を開けてもらわなければならない。 


多くの場合、スペイン郵便局(Correos)員はここで諦めてしまい、呼び鈴を押さずに不在者届を置いて去ってしまったり、自宅まで上がってくるのが面倒で不在者扱いにしてしまう。 スペイン在住者であればよく体験するのではないだろうか。 こうなると近くの郵便局に荷物を取りにいかなければならないのだが、ここでまた長い列を作っている場合があり、イライラしているところにさらに追い打ちをかけてくる。


これを解消するための手段として、スペイン郵便局はスペイン版アマゾンロッカー、その名も「CorreosPaq」をマドリードとバルセロナに設置。 オンラインショッピングの受け渡しがよりスムーズになった。


使い方は簡単で、correospaq.esのホームページからスマートフォン専用アプリをダウンロード。 近くのCorreosPaqロッカーに荷物が搬入されると、自分のスマートフォンに通知と引き出し用のパスワードが届く。 搬入されたロッカーにパスワードを入力すると晴れて自分の購入した商品が手に入るという仕組み。


筆者は以前、ある業者にヨーロッパで栽培しているという生山葵を注文。 2度の不在者届後、ようやく届いた商品は、丈夫で中身が見えないようになっているビニール袋に入っていた。 それを開けると、生山葵は暖かい水に浮かびながら腐っていた。(おそらく鮮度を保つために氷を入れていたのだろう) 販売業者は「配達業者の責任」と主張するし、配達業者は「知らなかった」で終わり。 この様なトラブル回避のためにも、今後はこのCorreosPaqを活用していきたいと思う。


Correospaq

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。