otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 日本の3DCGアーティストがスペインでも話題に。

|

(写真 TERUYUKI YUKA)



「Saya」は髪の毛が黒くストレートで、アジア人の特徴である完璧な肌を持つごく一般的な日本人の学生です。 しかし一つだけ特別なことがあり、それは彼女が本物ではないということです。


私たちが見ている写真はコンピョーターによって描かれたもので、アニメ作成用の最新技術のソフトで作られています。 これらの画像を作ったのは石川晃之、友香夫妻で、彼らのホームページとツイッターで「Saya」を掲載したところ、この女の子は人間なのかそうじゃないのかという何千というメールを受信し始めたとのこと。


日本の東京に住む晃之、友香夫妻はコンピョーター3Dグラフィックの専門家で、「Saya」を製作するために特別なツールを幾つか開発したそうです。


石川さん曰く、「Saya」を製作するために全力を出したにもかかわらず、本物に近付けるまでまだ調整が必要とのこと。 そのために、髪の毛もしくは肌の質を上げ、最終的にはこの作業が一番難しくなるだろうといっています。


「Saya」の計画はこれだけにとどまりません。 石川夫妻はツイッターで、「Saya」を主人公にした映画の作成も視野に入れていると公表しています。 (「Sara」が着用予定の)顔の映っていない防御スーツが公表されています。


(ヨーロッパプレス記事の抄訳)

ソース

¿Notas algo raro en Saya? Esta chica japonesa está revolucionando las redes


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。