otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 日産バルセロナ工場、今年の製造台数見込み9万台。 昨年に比べて30%減。

|

カタルーニャプレスが報じたところによると、日産イベリアの本拠があるバルセロナ、ソナ・フランカ工場(Zona Franca)での生産台数が今年末までに9万台となる見込みで、昨年の13万台から30%減と大きく落ち込むことが分かった。


ヨーロッパプレスが同工場の労働組合から得た情報によると、今回の製造台数減少は、「パスファインダー」及び「ナバラ」の製造を停止したことによるものとのこと。 さらに、今月8日発表されたダットサントラック後継車の新モデル「ナバラ NP300」の組み立て製造ラインの変更を行うため、第2製造ラインを止めていたとのこと。


日産「キュアシュカイ」の販売好調の裏で、日産「パルサー」の販売不振があり、同工場で8万台を見込んでいた製造数は4万5千台にとどまっている。


日産イベリアは来年までに13万台、2017年に17万台、2018年には20万台の製造台数を目標としている。

ソース

Nissan Barcelona prevé producir 90.000 vehículos en 2015 

スペイン カスティーリャ=レオン 日産アビラ工場10月に中旬5人が元の職場に。
スペイン バルセロナ 日産ダットサントラック新モデルをバルセロナ工場で生産開始
スペイン 日産イベリア好調 9月の販売台数4,524台 市場占有率5.1%へ

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。