otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン ラファエル・カタラ法務大臣「その時(カタルーニャ州独立宣言の日)が来ればカタルーニャ州の自治権を一時停止。」

|

ヨーロッパプレスによると、16日、スペインのラジオ「オンダ・セロ」に出演したスペイン中央政府のラファエル・カタラ法務大臣が、「その時(カタルーニャ州独立宣言の日)が来れば、(憲法155項を)適用しなければならないだろう。」と語り、カタルーニャ州が一方的な独立宣言を行った場合、憲法155項を適用してその自治権を一時的に凍結させる考えがあることを示唆した。 


フランコ独裁政権後、1978年に制定された憲法155項にはスペイン国土の自治権に関する条項が記されており、スペイン語では以下の通り。


Artículo 155


  • 1.Si una Comunidad Autónoma no cumpliere las obligaciones que la Constitución u otras leyes le impongan, o actuare de forma que atente gravemente al interés general de España, el Gobierno, previo requerimiento al Presidente de la Comunidad Autónoma y, en el caso de no ser atendido, con la aprobación por mayoría absoluta del Senado, podrá adoptar las medidas necesarias para obligar a aquélla al cumplimiento forzoso de dichas obligaciones o para la protección del mencionado interés general.

  • 2.Para la ejecución de las medidas previstas en el apartado anterior, el Gobierno podrá dar instrucciones a todas las autoridades de las Comunidades Autónomas.

抄訳すると

155項

  • 1.自治州が憲法を遵守しない、その他の法律を遵守しない、もしくはスペイン国全体の利益に重大な損害を与える行動を行った場合、自治州酋長に対し「中央政府」(司法ではない)は事前に(やめるように)要求する。 もし、改善が見られない場合、上院議会の絶対過半数を持って、スペイン国全体の利益を守るため武力を行使することができる。
  • 2.前項を実施するにあたり、「中央政府」は自治州の自治権全てに対し指示をすることが出来る。

つまり、自治権を凍結する命令をすることが出来、上院議会で絶対過半数の賛成を得れば武力行使出来るようになる。


また、15日、法務大臣は昨年行われたカタルーニャ州の独立を問う非公式な住民投票をアルトゥール・マス州知事が実施した件で、州知事の職務をはく奪する可能性もあると示唆した。


ソース

Catalá no descarta "si llegase el momento" suspender la autonomía de Cataluña

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。