otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 前社長会マドリード会長、外務大臣表彰を受賞。

|




スペイン人が社長の日系企業団体「社長会」の前社長会マドリード会長トマス・スマラガ・オルティスさんが、「日本とスペインとの相互理解の促進」に貢献したということで、2015年外務大臣表彰を受賞、その授賞式が先日在西大使館公邸にて執り行われた。



今年「個人」で外務大臣表彰を受賞したのは全世界で118人、柔道の普及や、地雷除去を通じた国際協力の推進、医療分野における日本とフランスとの相互理解の促進など、その表彰理由は多肢に渡り、受賞者も日本人に限らない。


Shatyoukai



トマスさんは授賞式に中で、「私個人の仕事の面だけではなく、社長会を通して7年間日本とスペインの相互理解のための活動を評価してもらい、大変光栄に思います。」と語った。



トマスさんはブリヂストン・イスパーナで2010年まで33年間勤務。 1995年からはCEOに就任。 1998年から2007年ブリヂストン・ヨーロッパの執行役員も兼任。



4人いる「社長会」発起人の一人。


社長会公式ホームページ

社長会

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。