otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 国民党選挙キャンペーンビデオが公開される。

|

時は2011年、サイレンが鳴り響き、女性が救急に運び込まれるシーンから始まるこのビデオ、映画さながらに作りこまれた映像は、国民党が経済危機からリハビリを経て退院、すんでのところでスペインを救出したようなストーリーだ。



“救急”

Pp1



“患者は重体” “早く!” “緊急手術室にはくぶわよ!”

Pp4



“状態はかなり悪い” “報告よりひどい状態ね”

Pp3



“さぁみんなで一緒に” “1,2,3”

Pp2




“血圧85。 酸素を用意して!”

Pp5




“麻酔をかける”

Pp6




“容体悪化 逝ってしまう!”

Pp7




“1,2,3”

Pp8




“だめだ もう一回”

Pp9




“1,2,3”

Pp10



“脈が戻りました(Constantes estables)”“よくやった(lo hemos conseguido)”




2013年・・・

Pp11




目を覚ましました。

Pp12




塩化ナトリウム水溶液を交換。 

Pp13




患者の回復に担当医は”信じられない”

Pp14



その後も検査は続き

Pp15



“治療に対する反応が良いですね”

Pp16




“頑張らなきゃだめよ”

Pp17




“もう2度と転ぶことは許されません”

Pp18




そして2014年。。。

Pp19




リハビリが始まりました。”さぁ。 君ならできる。

Pp20




“もうちょっと力をいれなければ(頑張らなければ)だめよ。 さぁ前進して!”

Pp21





“最悪の時は過ぎました。 (ここで)諦めてはだめです。"

Pp22





2015年. 今年に入りました。

Pp23





つらいリハビリも終わり、医者に松葉杖を返して「独り立ちできた」をアピールしています。

Pp24





医師団(国民党)に見守られながら退院していく女性。 感動的なシーンです。

Pp25





そしてついに外へ! これから自由に羽ばたくカモメのように!

Pp26





え。

Pp27





国民党 「危機」から「回復」へ

Pp28




因みにスペインでは話題になっている模様。




コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。