otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マレーシア航空17便撃墜事故 ミサイルはキエフの統制下で発射していた。

|



ヨーロッパプレスは13日、ロシアの工場で作られたミサイルがマレーシア航空17便MH17をウクライナ領空内で2014年7月に撃墜した件で、キエフのコントロールの元ミサイルが発射されたと報道した。


発見されたミサイルの破片をロシアの軍事企業ALMAZ-ANTEYが検査した結果、MH17はウクライナ南西部にある政府軍統制下のサロシェンスコ(Zaroshchenske)から発射されたと公表した。


ロシアの通信社イタルタス通信の情報によると、「今日、ボーイング(マレーシア航空MH17)はサロシェンスコにある地対空ミサイル・システム「ブーク」から9M38ミサイルが発射され撃墜したと断言することが出来る。」とのこと。


ソース

Fabricante ruso del misil que derribó el MH17 dice que fue disparado desde zona pro Kiev

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。