otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン カタルーニャ 全国管区裁判所カタルーニャ州高速鉄道(AVE)光ファイバーケーブル切断事件の調査を始める。

|

ヨーロッパプレスによると9日、カタルーニャ州で起きた高速鉄道(AVE)の2系統あった光ファイバーケーブルを4か所切断、13,000人の乗客に影響がでた件で、高速鉄道(AVE)のサボタージュを狙った犯行で事件性があるとみて、全国管区裁判所が調査に乗り出すことが分かった。 


 定例閣議会議後、記者会見を行ったソラヤ・サエンス・デ・サンタマリア副首相兼官房長官兼スポークスマンはこのように語り、「サボタージュを狙った重大な事件」と指摘。


カタルーニャ州は鉄道のケーブル盗難が多発しており、勧業省が公表した情報によるとスペインで発生するケーブル盗難のうち約半数が、カタルーニャ州で発生している。


全国管区裁判所は全国的規模における事件や国外犯に関わる事件を審理する裁判所で、政治犯や、テロリストなど、社会に重大な影響を与える恐れのある事件などを扱う機関である。



ソース

La Audiencia Nacional abre una investigación sobre el posible sabotaje del AVE

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。