otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン バルセロナ 日産ダットサントラック新モデルをバルセロナ工場で生産開始

|




8日、ソナ・フランカにある日産の工場がダットサントラックの新モデルNP300の生産を始めると発表。


これにより、工場をフル回転した場合に、最大で千人の雇用を創出できるとのこと。


生産開始当初はヨーロッパを中心に販売をして行き、その後中東にも販売を拡大していく予定で、同工場ではメルセデスやルノーの新モデルの生産も予定されており、最終的に年間120,000台を生産する予定。


1年半前からスペイン国内にある日産の工場は賃金の据え置きや、早期退職優遇制度を利用したりと、悪い空気が蔓延していた。 


この工場では以前よりNV200とパルサーを生産しており、この新型ダットサンで3種類目。 ヨーロッパ市場において、トヨタ勢を駆逐する重要拠点になる。


生産開始を発表する式典で、日産モトールイベリカCEOのフランク・トーレス会長は「この工場の歴史は容易ではなかった。 しかし我々は成功する歴史に変えることができた。」と語った。


日産ヨーロッパのポール・ウィルコックス会長は、「工場の品質管理体制は素晴らしい。」と語った。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。