otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン バルセロナ ガバ裁判所、脱税容疑でメッシの公判を開くと発表。 

|




ヨーロッパプレスは8日、ガバ裁判所が2007年から2009年の間410万ユーロを脱税した疑いでFCバルセロナのFWリオネル・メッシに対し、公判を開くと発表した。


ヨーロッパプレスが手に入れた裁判所の声明文の情報で以上のことが分かった。 検察当局は、脱税を主導したのは父のホルヘ・オラシオ・メッシ氏であったと見ており、メッシ選手に対して嫌疑を取り下げるよう求めていたものの、法務省の法務事務次官組織(Abogacia General del Estado)は事件性があり、共犯者として、1年につき7か月の禁錮刑、計21か月(ヨーロッパプレス以外は22か月と報道)と、410万ユーロの罰金を求めた。 裁判所第一審の担当官マヌエル・アルコベル判事は、次官の要請を重視、メッシ選手に対しても公判を開くことを決定した。


先日の証言でメッシ選手は「僕のパパがサインしてくれって言うからサインしたんだよ。 見てなかったし、注視もしなかったし、質問もしなかった、サインした書類を見なかった。 パパが言ったら目を瞑ってもサインするよ。」と語り、検察当局は裁判所に対し嫌疑の取り消しを求めていた。



ソース

El juez abre juicio contra Messi y su padre por fraude fiscal en los derechos de imagen

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。