otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン バルサ マスチェラーノMFが脱税の疑いで起訴、出頭命令

|



ヨーロッパプレスによると1日、FCバルセロナMFマスチェラーノ選手が2011年から2012年に1,556,729ユーロの申告漏れがあったとして、スペイン検察当局は脱税の疑いで起訴、裁判所が出頭命令を出したことが分かった。  マスチェラーノ選手は10月29日9時30分に裁判所に出頭する予定。


検察当局によると、同選手はナイキから支払われた契約金と、ポルトガルで撮影が行われた肖像権料などが申告漏れだったとみている。


検察は、世界中のどこで支払われようが、本人が住んでいる国で所得税を申告しなければいけないと語っている。



検察当局によると、2011年に716,528ユーロの税金を納めなければならなかったところ、128,706ユーロしか支払われていなかった。 さらに2011年には1,250,023ユーロのところ、281,115ユーロしか支払われていないと見ている。


しかしマスチェラーノ選手は9月9日に2011年と2012年の不足分587,822ユーロと968,907ユーロを支払っていた。


FCバルセロナはメッシ、ネイマールと脱税の疑いで告発されている。 ネイマールの件では、ブラジル当局により多額の財産凍結を命じられているものの、カタルーニャ州内の「ざわつき」は収まる気配がない。


ソース

Imputado el jugador del Barça Mascherano por un presunto fraude fiscal de 1,5 millones

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。