otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン マドリード 集中清掃作業始まる。

|


(写真 ヨーロッパプレス)



マドリード市役所は1日、3か月に及ぶ集中清掃作業を開始した。  今回の新マドリード清掃プランは、今週火曜日にマドリードのカルメナ市長から発表されていた。


現在マドリード市は、前市長の緊縮政策による清掃業者の入札価格が大幅削減により、結果として清掃業者らが十分な人員を割けず、公園など多くの公共の場所で満足な清掃業務が行われていない。 


そこでカルメナ市長は8月に集中清掃作業を実施したものの、継続的な清掃業務が実施されない現状ではすぐにゴミが溜まってしまっている。


これをうけ清掃業者の雇用統制処理の凍結を解除、更に500人以上の新しい人員を雇用すると発表。


今回の集中清掃作業対象地域は合計21の地域、128地区が対象、10月1日から4日まで、Centro, Chamberí, Arganzuela, Salamanva, Retiro, Latina, San Blas, Barajas, Puente de Vallecas, Vicálvaro Useraが集中清掃作業の対象地となる。 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。