otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン フェリペ国王ホワイトハウスでオバマ大統領と会談、カタルーニャ州独立封印網ほぼ完成。

|


フェリペ6世は15日にホワイトハウスにてオバマ大統領と会談、「私たちは、強く、統一したスペイン(una España fuerte y unida)と関係を保つことを深く約束した。」と声明を発表した。


この様にホワイトハウスで記者の前で声明を発表したオバマ大統領は、「スペインはヨーロッパだけでなく、米国にとっても、世界にとっても重要だ。」と、語り、更に国王のこの一年間のリーダーシップは我々にとっての鏡だと称賛した。


大統領が任期の終わる2017年1月までにスペインを訪問したいと語ると、フェリペ6世は「いつでも歓迎します。」と返した。


記者会見で大統領は、火曜日に43歳の誕生日を迎えたレティシア王妃に祝辞を送った。 


公式訪問は終始和やかな雰囲気だったとのこと。


今回のホワイトハウスでの記者会見にカタルーニャ州営TV3も取材に訪れておりオバマ大統領に「お二人はカタルーニャの問題について話し合いましたか?」と質問を投げかけたが、返答は「ありがとう。」だった。


今回の国王の訪問により、ドイツのメルケル首相、英国のキャメロン首相、米国のオバマ大統領から、カタルーニャ州独立反対の封印網が敷かれた。


ソース

Obama: "Estamos profundamente comprometidos a mantener la relación con una España fuerte y unida"

スペイン 英国デーヴィッド・キャメロン首相「カタルーニャ州が独立しても、EUには入れない。 加盟の手続きを0から始めなければならない。」
スペイン メルケル首相がカタルーニャ州独立派アルトゥール・マス州知事に関して言及

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。