otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン カタルーニャで始業式 学生150万人以上が登校。

|


9月14日、スペイン・カタルーニャ州で新学期が始まり、大学生を除く学生150万人以上が登校した。 今学期から中等義務教育(ESO)の3年生(14歳)は数学、高等学校(16歳から18歳)でスペイン語・カタロニア語の授業数が増える。


カタルーニャプレスによると14日、カタルーニャの学校で新学期が始まり、学生156万486人が登校した。 去年より1万2千796人多い。  学生数の増加を受け、教師の数も800人増加、6万5千577人となった。


新学期から中等義務教育(ESO)の3年生(14歳)で一週間3時間だった数学が4時間に増える。 また、来期から初等教育の2年生・4年生・6年生(7歳・9歳・11歳)で数学の授業時間数が合計で週4時間増える。 


中等義務教育(ESO:12歳~16歳)で、文化もしくは道徳の選択授業が1時間増える。


カタルーニャ州政府教育省は今期の予算を400万ユーロ計上、前期より150万ユーロ増えている。 これにより、初等教育と中等教育の複合教育施設968校で教材の購入費用等の援助や給食費援助等を増やすことが出来る。



スペインの義務教育制度 (日本国外務省調べ)

義務教育期間 6歳~16歳

学期性3学期制

1学期 (9月8日~12月19日)

2学期 (1月7日~3月26日)

3学期 (4月7日~6月26日)

就学年齢基準日 その年の12月31日までに満6歳になるものは、その年の9月第2週に義務教育の第一学年に入学。


初等教育(Educacion Primaria)1学年から6学年(6~12歳)


中等義務教育(Educacion Secundaria Obligatoria)7学年から10学年(12~16歳)



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。