otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン カタルーニャ マス州知事「27Sの結果がどうあれ、カタルーニャはEUの一部を担うべきだ。」

|




ヨーロッパプレスは4日、バルセロナ市内のサン・パウにある国連の事務所で行われた国連創設70周年の式典に出席したアルトゥール・マス州知事が、開会式の挨拶で「27S(9月27日に行われるカタルーニャ州選挙)の結果がどうあれ、カタルーニャは欧州連合の一部でなければならない。」と語ったと報道した。


声明の中て州知事は、「カタルーニャはヨーロッパの中で政治、経済、民主主義、透明性において貢献し、世界で政治・経済の分野でリーダーシップをとり、社会的にさらに団結していく。」と語った。


また、独立したときのカタルーニャを「全ての国から信頼できるパートナーで、国際的な義務を最初から引き受ける準備が出来ている国。」とマス氏の描く”カタルーニャ国”像を語った。




メルケル首相は9月1日にマリアノ・ラホイ首相とベルリンで合同記者会見を開いた際、「欧州連合基本条約というのがあり、全ての加盟国は主権と領土を保証している条約を尊重しなければならない。」「従って、国内法及び国際法を尊重するのは非常に重要なことである。」と語っており、マス州知事に国際法を順守するよう呼びかけていた。


ソース

Mas afirma que Catalunya debe formar parte de la UE "sea cual sea" el resultado del 27S

スペイン メルケル首相がカタルーニャ州独立派アルトゥール・マス州知事に関して言及

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。